ふるさと納税を「さとふる」から初めて申込んでみようと思います!

「ふるさと納税」の申込みって、どのようにしてますか?

寄附したい自治体のサイトから、申込書をダウンロードや印刷し、
自治体から送られて来る振込用紙を使って、金融機関の窓口で支払う。

これが基本なんですが、ちょっと手間と時間が掛かりますよね!

しかし、ふるさと納税のポータルサイトを利用すれば、
お礼品の検索、申込み、クレジットカード決済まで出来て、ホント便利です!

私も、昨年から前回の申込みは、
すべて、ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」を通して申込んでいました。

鳥取県北栄町「大阿蘇ハムセット」!ふるさと納税2件目の申込みです
一昨年あたりから、じわじわと浸透してきて、 今年4月からの税制改正により、更に普及拡大しそうな「ふるさと納税」 我が家も、昨年から参加しています! 今年は、控除額が2倍に改正され...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソフトバンク系のふるさと納税ポータルサイト「さとふる」…知ってましたか?

私、今まで、ふるさと納税の申込みが出来るポータルサイトは
「ふるさとチョイス」だけだと思ってました。

それもそのはず。

「ふるさとチョイス」に掲載してある自治体は、
全国1,788自治体のうち、なんと!99%にあたる1,782自治体!(※2015年4月現在)

物凄いカバー率です!

一方、今回、お目当ての特産品に申込むべく、初めて利用した「さとふる」

…実に、15自治体です(汗)(※2015年4月現在)

こんなに登録する自治体が少なくて大丈夫なの!?と、
見ているこっちの方が心配になっちゃいそうですが、
しっかり見ると、なるほど!「ふるさとチョイス」にはない自治体or特産品ばかりなんですよね。

どちらのサイトにも掲載してある自治体でも、お礼の特産品のラインナップが違っていたり。

どんな特産品が違うのか、見比べてみるのも楽しいです。

「さとふる」では、掲載自治体全てでクレジットカード払い対応です!

「ふるさとチョイス」では、
「Yahoo!公金支払い」サービスを利用したクレジットカード払いに対応している自治体は、
2015年4月現在、310自治体

…実は、掲載している自治体の約17%しか対応してないんです。

だから、それ以外の自治体に申し込みたい場合は、
「寄附したい自治体のサイトから、申込書をダウンロードや印刷し、
自治体から送られて来る振込用紙を使って、金融機関の窓口で支払う。」
この基本的な手間と時間の掛かる申込みが必要なんです…。

一方の「さとふる」では、掲載している15自治体全てで
クレジットカード払いに対応しています。

なぜなら、「さとふる」では、自治体から「ふるさと納税」の運営に必要となる関連業務(募集、申し込み受け付け、寄付金回収、問い合わせ対応、お礼品の手配、配送など)をすべて!代行しているから。

2015年夏頃には、「Yahoo!公金サービス」などと連携するようになるらしいですが、
現状、クレジットカード払いに対応しているので、私としては、十分便利です。

もう少し提携の自治体が増えれば、認知度が上がりそうですけどね…。

とはいえ、お目当ての特産品はすでに超人気の品!

気合いを入れて、申込み参戦です!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。