予想不可能な夏休みの光熱費!留守番組の子どもの優雅な過ごし方。

8月に入り、我が家も絶賛夏休み中!

…と言っても、実のところ、夏休みを満喫しているのは、
小学生組の子ども二人だけ。

毎年、我が家のこの時期の光熱費は最安シーズンなのですが…。

今年の夏は、かなり予測不可能です…(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏休みの光熱費!子どもにも節電意識を持って欲しいのですが…。

昨年まで、私は専業主婦だったため、
子どもたちが夏休みとなるこの時期は、正直なところ、少々憂鬱でした(苦笑)

ですが、今年は、私もパートタイムで働き始めたため、
子どもたちと相談したうえで、真ん中小一児のみ学童保育へ。

そして、一番上小四児は、自宅で過ごすことに。

子どもたちの意見と性格から決めたことですし、
学校のプール開放も近所の児童センターもあるので、
それほど心配することはないのですが…。

一応「今日は何してたのか?」などと一番上小四児に確認すると…。

「今日は暑いから、エアコン入れてた~。」
(寒冷地住まいなので、エアコンなしでも過ごすことは出来ます!)

「昼からは、テレビで〇〇見て、アイス食べてた~。」
(基本、私は日中にテレビは付けません!)

「お湯沸かして、ミニラーメン食べてた~。」
(昼食は、冷蔵庫に準備してあります!)

…まあ~、随分と夏休みを堪能していること!(呆れ)

別に、暑いのを我慢する必要はないですし、
午前中は勉強時間とスケジュールを決めてのフリータイムでしょうし、
子どもとはいえ、食べたいモノの気分だってあることでしょう!

いいんです、いいんですよ、別に。

それが、子どもにとっての夏休みの楽しみの一つでもあるんだから。

…ただ、今月の光熱費が怖い(苦笑)

オール電化の我が家では、平日の日中と言えば、電気単価が最も高い時間帯!

太陽光発電もあるので、自家消費して売電量が減るだけかもしれませんが、
どちらにしても、以前よりも使用電気量は確実に上がるはず!

普段から、私が節電の声掛けをしているので、知らないワケがないと思うのですが、
それと自分の欲望とは別の話ですからね(苦笑)

ただ、自宅で一人でいるがために、自堕落な生活が続いてしまうことのないように。

子どもらしく、児童センターや図書館で過ごす生活も提案して、
残りの夏休みと我が家の光熱費を乗り切りたいと思います!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。