キャッシュカードの磁気不良!?使えるATMと使えないATMのセキュリティ格差に唖然です…

先日、我が家の最も重要な夫の給与口座のキャッシュカードが使えなくなり、
ホント、物凄く困りました…(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャッシュカードの磁気不良!?使えるATMと使えないATMのセキュリティ格差に唖然です…

我が家では、基本的にクレジットカードを使用しているので、
現金を引き出すのは、1~2ヵ月に1回程度。

カード払い分も含めて、家計簿上で支出管理を終わらせてしまうので、
毎月定額を引き出すのではなく、残金がなくなったら、まとまった金額を銀行で引き出すことにしています。

ところが、先日、急遽、現金でのまとまった支出があったため、
提携のコンビニで引き出そうとしたところ、読み取り不能のエラー表示に。

ええ!?と内心、驚きながらも、
もう一店舗、他の提携ATMで引き出しを試みても、やはり、読み取り不能のエラー。

仕方なく、別のキャッシュカード(私口座)から現金は引き出したものの、
問題は、この読み取り不能キャッシュカードが、夫の給与口座のものだということ!

すぐさま、翌日に仕事を早退にさせてもらい、銀行窓口に。

原因は、磁気不良。

磁気の多い場所に置いておくとなりやすいらしく、
カバンや財布のマグネットや、スマホ、タブレットetc.
これらを一緒に持ち歩くことの多い女性に、特に多いんだとか。

カードの再発行が必要とのことで、発行まで時間もかかる。

それまでは、現金を多めに引き出しておいた方がいいと言われ、
夫の手続きもあるため、一旦帰ろうとした時、ふと銀行ATMに入れてみたら、
あれれ!? 普通に使えるじゃない!

ビックリして、思わず窓口にUターン。

「磁気不良でも、銀行のATMなら使えるものなんですか???」と確認したところ、
窓口の担当者が、奥の上司の人たちと話し合って戻ってきた返答は。

「磁気が弱っているのは、確かです。
 多分ですけど、今時のコンビニなどのATMのセキュリティは非常に高いので、
 使えなかった可能性があります。」と。

…?
………???
それって、つまりは、この銀行のATMのセキュリティが甘いだけってこと?

対象の銀行だから、その磁気が弱くても拾いやすいと言うならば納得出来るんだけど、
セキュリティ問題となると、正直なところ、銀行への不安感がぬぐえない…(汗)

それで、大丈夫なんだろうか…???

それに、ちゃんと磁気カットの通帳ケースに入れていたのになぁ。
どうして、磁気不良になってしまったんだろう???

ともあれ、今回の教訓を生かして、
キャッシュカードは更に大事に保管することに(笑)

カード再発行までは、いい機会かもしれないですし、
現金の支出を更に抑える生活でも、チャレンジしてみようと思います(笑)


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。