寒冷地住まいな我が家の暖房事情。ハイブリッド暖房でエコ間違いなしです。

11月も中旬を過ぎ、日に日に寒くなってきました。

今年も、我が家は、エコ暖房中です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒冷地住まいな我が家の暖房事情。ハイブリッド暖房でエコ間違いなしです。

我が家は、寒冷地地方住まい。
真冬の極寒期には、最低気温が‐10℃を下回ることもあります。

…これね、引っ越してきた年、県外出身の私たち夫婦には、結構衝撃でしてね。

外に干した洗濯物がフツーに凍りますから。
水道管が簡単に凍って破裂しますから。
一枚窓が凍って開きませんから(二重窓が基本)

でもね、朝の凍てつくような寒さは、ある意味、背筋がスッと伸びる清々しさもあって、私は嫌いではなかったりもします。むしろ、好き。

とはいえ、寒いものは寒いことに変わりはなく。
例年、10月末頃から、暖房を入れ始めています。

室温が20℃を下回り、肌寒くなったら、エアコンをオン。
設定温度は、21~23℃。
室温を温めるのではなく、室内が過ごしやすくなる程度で設定します。

そして、朝の冷え込みが厳しくなってきた(最低気温5℃以下)近頃は、石油ファンヒーターをオン。
設定温度は、16℃。
更に、エアコンを設定温度21~23℃でオン。

石油ファンヒーターのパワフルな暖気で室内を一気に温め、エアコンの温風で室内を均一に温める戦略です。

石油ファンヒーターとエアコンの設定温度に差をつけ、更にエアコンに向かい合う場所にファンヒーターを置いているので、ヒーターの暖気とエアコンの温風のバランスが取れて、室内の空気がしっかりと循環され、ファンヒーターの前だけ暖かかったり、エアコンの前だけ風が強かったりすることもなし。

室内のどこにいても、過ごしやすい室温がキープ出来ている気がします。

これぞ、ハイブリッド暖房?
電気代に比べれば、割高な灯油代も節約されて、エコなこと間違いなしです。

今朝も、最低気温はマイナスとか。。。
いよいよ本格的に寒くなりますが、今年も、風邪をひかない程度に、快適な暖房生活を過ごしていきたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。