夏休みのランチに「特別」メニューをプラス!たまのお楽しみだからこそ美味しさも倍増です

そろそろ、夏休みも半分終わり、折り返しといったところでしょうか?

子どもたちにとっては、いっぱい遊んで、のんびり過ごして、楽しい夏休み!

…その一方で、親にとっては、
毎日の昼食作りの負担が増えて、悩ましい日々ですね(苦笑)

出来れば、簡単に済ませたい夏休み中の昼食

私のとっておきのメニューは、超ずぼらな一品ですが、
子どもたちのテンションも一気にアップして、大喜び間違いなしです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝晩では食べないランチメニュー!「特別感」を演出します

我が家では、普段の平日の日中は、末っ子の2歳児と専業主婦の私の二人っきり。

そのため、昨晩の残り物やお弁当の残りを食べることもありますが、
基本的には、昼食をちゃんと調理して食べています。

そこに、夏休み中の上二人が増えて、四人分の昼食作り

実は、作る手間などはあまり変わらないのですが、最も異なるのが、一番の悩みどころ!

…それは、メニューへの注文が煩い!(苦笑)

「え~、また麺料理!?」「今日は、あれ食べたいんだけど!」etc.
末っ子の2歳児は、出された昼食に文句は言わないですから!(苦笑)

私が用意する昼食は、基本的に、一品料理。

炭水化物、タンパク質、野菜の全てが一品に入る「昼食」らしい料理が多いです。

≪ パスタ ≫ トマトソース系、ネバネバ和風系、シンプルオイル系etc.

≪ 中華麺 ≫ 冷やし中華、ジャージャー麺、味噌ラーソン、焼きそば、あんかけ焼きそばetc.

≪ うどん・そば・そうめん ≫ 天ぷら、けんちんつけ汁、冷やしまぜうどん、焼きうどんetc.

≪ ご飯もの ≫ 炒飯、親子丼、カレー、オムライス、ビビンパetc.

これらをメインの炭水化物が続かないように、
あっさり系こってり系が続かないように、工夫しながら、順番に作っています。

…でも、子どもは飽きるんですよね(苦笑)

たまに食べるくらいがちょうどいい!ある意味「特別料理」なのです!

そんな時には、私のとっておきメニューの登場!

これをメインの一品に添えて出すと、子どもたちのテンションも一気にアップ!

子どもたちの大喜びメニュー!
それは…、

キチン味のミニインスタントラーメン!

所謂、キチンラーメンの半分以下の小分けサイズになったもので、
今、我が家にあるのは、14袋入り198円。

1食当たり約14円

これだけでは、もちろん量が少な過ぎて、物足りないのですが、
スープ代わりにメイン料理に添えるには、ピッタリサイズ。

もちろん、お湯をそそぐだけの超ずぼらメニュー。

手間暇掛けて調理したメインさえも霞みそうな子どもたちの喜びようです(苦笑)

こんな超ずぼらメニューを子どもたちが大喜びするのは、
普段、インスタントラーメンを「食事」として食べることがほとんどないから。

夫が夕食後に食べることがある時に、
子どもたちが「つまみ食い」するくらいでしょうか。

積極的に取りたい栄養はないですからね。

日常的には食べさせたくないモノではありますが、
こうして、「たまのお楽しみ」として食べるには、食卓も盛り上がって、私も助かりますし。

ご飯ものの時しか出番はありませんが、それくらいの頻度がちょうどいいですしね。

まだまだ続く夏休み。

私も程々に手抜きをしつつ、子どもたちと楽しみたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。