心無いコメント。子どもが多いことが誹謗中傷に繋がる世の中なのでしょうか…

このブログは、我が家の家計管理の考えや方法を書いた、
ごく個人的な『家計管理』ブログです。

節約や家計管理のノウハウを伝授出来るような内容ではないかもしれませんが、
読んだ方が、何かしら参考になることがあればいいな、と思っています。

先日、ある記事にコメントを頂きました。

コメント欄は、こうした事態も想定して設置しているつもりなのですが…。

今回は、このブログに対する私のスタンスを、きちんと記事として書いておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログは、子どもが三人いる家庭の『家計管理』ブログです。

今回、コメントを頂いたのは、3つほど前の記事。

内容は簡潔に書くと「いちいち子ども三人って自慢なのか?不妊に対するあてつけか?」というもの。

私は記事を書くにあたって、
特に、記事タイトルや導入部分に気を付けていることがあります。

それは、検索流入で初めて読みに来た方にも、
我が家の家族構成や世帯状況がすぐに分かること。

だって、このブログは『家計管理』ブログですから。

家族構成や世帯状況によって、家計管理の方法が変わるのは当然のこと。

一般的にモデルケースと言われる、夫婦&子ども二人の四人世帯よりも子どもが多い分、支出も多くなるのは自然なことですし。

その中でも、我が家なりに頑張っていることが伝わればいいな、と思っています。

夫は、一般的な会社員です。

給与が高いのか安いのかは、人によって感じることも違うでしょう。

ただ、子ども三人に、あれもこれもと習い事をさせ、
新品のオシャレな洋服やおもちゃを買い与え、
好きなモノなら何でも食べさせてあげ、
その上で、ガッツリと貯蓄出来るだけの高収入ではありません。

ましてや、将来、子どもたちが希望する進学、夢などによっては、
高額な費用が掛かってくるでしょう。

でも、それら全ての中から、何にお金を掛けて、何を節約すべきなのか?
常に意識して、家計管理をしているつもりです。

・ 結婚後、地道にコツコツと貯蓄したお金で、中古住宅を現金一括購入しました。

・ 地方暮らしですが、車は一台しか所有していません。

・ 夫婦共に、携帯はガラケーを使用しています。

・ 市民農園を借りて、家庭菜園で数多くの野菜を育てています。

・ 子どもたちの習い事も一つずつ、服だってお下がりばかりです。

どれも、我が家なりの地道な工夫と努力の積み重ねが、
最終的に「貯蓄」という形に繋がっているのだと思います。

それこそが、私がこのブログで書き続けていきたいことです。

『人を一人育てる』というのは、とても大変なことです。

子どもが産まれる、ということは、ゴールなどではなく、スタートです。

私は、不妊に関して論じるつもりはありませんし、
例え、何を述べたとしても、白々しいだけなのは理解しています。

ただ、ご夫婦のみの家庭が、もれなく不幸であり、
子どもが多くいる家庭ほど、もれなく幸せ、とは決して思いません。

だって、その一面だけを切り取って、その家庭が幸か不幸かを決めつけることなんて出来ないし、何より勝手な思い込みなんて、失礼ではないでしょうか?

我が家に、子どもが三人いるのは、まぎれもない事実。

私は、子育てや経済的なことに対する不幸自慢も幸せ自慢もするつもりはありません。

子どもたちが成長して、どんな将来や夢を抱いても、
経済的な理由で諦めることがないように全力で応援出来る家計になる。

それが、私が目指しているこの『家計管理』ブログのスタンスです。

それにしても、この少子化問題が深刻になっている現在、
子どもが世間よりも多いことが、中傷される原因になるとは因果なものですね…。

子沢山は貧乏でいろ!と言われているような気分…。

ホント、虚しい気分でいっぱいになった出来事でした…。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    反応しない方が良いと思います。
    刺激するだけです。

  2. まっき~ より:

    我が家も子ども3人です。同じようなスタンスで子育てしてるので参考になりますよ。子ども2人目なかなか来てくれなかったので、3人に反応する人の気持ちもわかりますが気にしないのが一番かな、と思います。色々な考えがありますしデリケート話題ですもんね。

  3. 3ninn より:

    子供がいることが自慢に取られてしまうことは悲しいことですね。

    お金ももちろんですが、子をもったことによる大変なことだってたくさんあるのに。もちろん不妊だと大変でしょうが、それが子持ちを非難してよい理由にはなりませんよね。
    たかみんさんがベビ待ちのカテにいるわけでもなし、自慢したいわけでもなく、あてつけでもないのは一目瞭然です。

    コメントみさせていただきましたが、たかみんさんからの問いかけにお返事するわけでもなく、言い逃げしているような相手なのでちょっとひどいな~とおもいました。

    でもたかみんさんがそんな相手にもきちんと対応されているので、すげえなぁと思いコメントしました。
    子供たちを全力で応援できる家庭、素敵ですね私もがんばろうっとという気持ちになれます。これからも楽しいブログ続けてくださいね。応援しています。

  4. みっち より:

    うちも子供3人で家計管理頑張ってます!
    とても参考になってますし、ブログ楽しみにしていまーす♪( ´▽`)

  5. やすらん より:

    誰かが3人以上生まないと少子化問題は解決しないので
    3人以上子どもがいることは良いことだと思います。
    これからも頑張ってください!

  6. たかみん より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    そうですね…、こうした事態には受け流すのが正解なのかもしれませんが、
    あまりにも、このブログの主旨と異なる点に対する内容だったので、理不尽さを感じずにいられませんでした。
    今後は、もう少し上手く受け流せるように精進しようと思います(苦笑)

  7. 匿名 より:

    我が家も、子供三人です。
    たかみんさんのブログは、とても参考になり、励みになるブログで、楽しみにしています。

  8. たかみん より:

    >まっき~さん
    コメントありがとうございます。
    同じ子ども三人家庭なのですね、心強いです。
    こうして、子どもたちに恵まれたことは本当に幸運なことだと思っていますが、その点だけを見て全てを否定されるなんて、本当に虚しくなってしまいました。
    確かに非常にデリケートな話題ですし、今後はもっと気を付けていこうと思います。

  9. たかみん より:

    >3ninnさん
    コメントありがとうございます。
    こうしてブログを書いて、コメント欄を設置しているからには、批評にもきちんと対応したいと思っていたのですが、あまりにも主旨と異なる内容に、つい記事にまでしてしまいました…、まだまだ未熟ですね。
    今の我が家の子どもたちには、多分、他の友達よりも我慢させていることも色々あると思います。
    それでも、この先の子どもたちの将来まで考えて、家計管理をするのが、私の役目だと思っています。

    応援ありがとうございます!
    子どもたちの将来は、まだまだ先ですが、息切れしないように私も応援していきたいと思います。

  10. たかみん より:

    >みっちさん
    コメントありがとうございます。
    同じ子ども三人家庭なのですね。
    子どもが三人もいると、家計管理も大変だと思うのですが、意外と?同じようなブログって少ない気がします。
    我が家の場合で参考になるのであれば、嬉しい限りです。
    頑張って、ずっと続けいていきたいと思います!

  11. たかみん より:

    >やすらんさん
    コメントありがとうございます。
    確かに、少子化問題には少しは貢献出来ているかもしれません(苦笑)
    子どもはお金が掛かる、と言われる割には、私の周りでも、意外と子ども三人を希望する家庭もあって、少子化問題は、社会的な構造の問題なんだろうな、とつくづく思います。
    子どもたちの未来を考えると、何かとキビシイ社会となりそうですし、やはり、今から、親の私たちが出来ることを考えないといけないと強く思います。
    まだまだこれからですよね!私も頑張っていこうと思います!

  12. たかみん より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    同じ子ども三人家庭仲間ですね!
    このブログで、励みになるなんて嬉しい限りです。
    目標は、「子どもたちの将来や夢の実現」です!
    先は長いですが、今からコツコツと出来ることを継続するのみ。
    一緒に頑張っていきましょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。