人生80年を生きる子どものために!親である私が、今、やってあげたいこと

我が家の一番目は、現在、小三女児。

普段は、親の私たちを呆れさせるような憎まれ口を叩くばかりですが、
本当にありがたいことに、今まで、大きな病気もケガもなく、
すくすくと成長してくれています。

…ただ、数年前から気になっていたことが一つ。

それは、歯並び。

上の前歯の永久歯が斜めに生えてきてしまい、前歯がガタガタなのです…(涙)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯並びにも遺伝が関係あり…?夫も同じく歯並びはよくないのです…

「歯科矯正」というと、「保険が効かない自費診療」⁼「高額」というイメージが強いですよね。

確かに、普段の生活に支障をきたす程、歯科矯正が必要な場合でなければ、
多少の歯並びの悪さも我慢していたり、放置されたままの方も多いと思います。

幸い、私は歯並びに問題はありませんが、夫は、同じように前歯がガタガタ。
こういう遺伝もあるんでしょうか?

乳歯の頃は、キレイに揃っていたんですけどね…。
永久歯が明らかに斜め向きに生えてきたときには、ホント、ショックでした…(泣)

歯科矯正か?様子見か?一見、問題ないように見えるのが一番問題です…

現在、永久歯は上4本、下4本が生え変わり済み。

一番の問題は、一見すると、歯並びの悪さが分からないこと。

つまり、正面から見ると、正常な歯並び。
ですが、横から見ると、永久歯が前後にずれて生えてきており、凸凹感がはっきり。

そのため、今まで、歯科でも親などの身内からも矯正を勧められたことはありません。

本人も、もちろん気にしたことはないそう。

人によっては、「気にし過ぎじゃない? 歯磨きを気を付けてあげればいいだけ。」
判断されることの方が多いかもしれません。

実際、歯並びの悪い夫でさえ、
「する必要ある? 女の子だし、歯並びいい方がいいと決まってるけど、それほどの違いはある?」
と、歯科矯正そのものに懐疑的…(汗)

確かに、普段の生活に支障はありませんし、本人も周りも気にする人はなし。

今後、子どもが成長して、大人になった時に気になるのであれば、
自分で矯正する方法も、いいのかもしれません。

「歯科矯正」のダブルデメリット! 高額な治療費&長期の治療期間

一般的に、歯科矯正の費用は、トータル70~100万程度。
但し、小児の生え変わり時期に始めれば、半額程度で済むそう。

治療期間も、短くても2~3年。
但し、小児は、永久歯が全て生え変わる15歳くらいまで経過を見ることもあるそう。

そのため、歯並びが悪くても、放置してしまう方が多いのも、
この治療費の高さ&治療期間の長さのダブルデメリットが大き過ぎるからに違いありません。

でも、「歯」は一生使い続ける大事な体の一部。

虫歯予防も歯科矯正も、この先60年、70年、80年生き続けていく子どもの将来を考えると、
どちらも親としてきちんとやってあげたいのです、私は。

歯並びのせいで、虫歯や歯周病などに多く悩まされたり。

歯並びのせいで、笑顔がぎこちなくなったり、人目を気にしたり。

歯並びのせいで、性格も内気になったり、自分に自信を無くしたり。

歯並びのせいで、イライラしたり、頭痛がしたり、肩こりしたり。

…人生、損しちゃうでしょ?歯並びのせいで。

仮に、小児歯科矯正に、40~50万掛かったとしても、
実際、2~3年以上通院するため、年換算にすれば、10~20万

習い事の一つを減らしてみたり、衣服をブランド物からフリマやお下がりに変えたり、
今、子どもの教育や養育に掛かっている一部を振り替えてあげるだけでも、
それなりの金額になるはず。

考え方次第では、子どもの人生分の「歯並び」を買うのですから、
決して高いとは思いませんし、「矯正する価値」もあると思います。

とはいえ、高額かつ長期に渡る治療。

親の私もしっかりと知識を増やし、子どもと共に、きっちりと矯正に向き合っていきたいと思います。
(まずは、夫の説得からですが(汗)


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。