中古住宅の即決購入!住宅物件も鮮度が命!一番大事なのはタイミングなのです

我が家は、築20年の中古住宅ですが、
最初に内見した際に、その場で購入を「即決」しました。

住居費ゼロ円!マイホームは中古住宅を現金一括払いで購入しました
現在、家計簿の管理方法を見直し中ですが、 うちの家計簿で、一つ項目が足りないのに、気付かれた方はいらっしゃるでしょうか…? …ハイ!そうなんです! 家計の支出でも、一番大きな...

もちろん、条件的にかなり良い物件ではありましたが、
「購入の決断」には、やはり勇気がいりますよね…。

中古住宅の購入を決断する条件!物件の場数を踏んで養います
一般的に、マイホームを購入するタイミングは、 子どもの転校を避けるための拠点(マイホーム)を決めるため、 「子どもの入学前」に購入する方が最も多いのではないでしょうか? 我が家も、3...

私も今の物件に出会うまでは、 どうしたら決断出来るものなのか?疑問でしたが、
でもね…、
実際、本当に良い物件は「即決」で消えていくんです…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

住宅物件情報は、鮮度が命!更新情報を一早く得ることが何より重要です

私が中古住宅を探していた3年前。

朝の家事が終わると、すぐさま中古住宅情報をチェックするのが、私の毎朝の日課でした。

探し始めたばかりの当初は、中古物件情報を隈なく見ても、
私たちの希望の条件をいくつも満たしてくれる物件はなく。

ネットの中古住宅情報のチェックのみならず、
実際に、地元の不動産屋さんに行って、物件情報を確認するも、
すでにネット上で私が確認しているものばかり。

よく「不動産屋には未公開の物件情報もあるから実際に行くべき!」なんて言いますが、
条件の合うお客に売り込むような営業に時間を掛けるより、
ネット上に物件情報を掲載する方が、
不動産屋さんにとっても、省エネ&効率的なのは、当たり前。

もちろん、そのような未公開物件に出会えることがあるのかもしれませんが、
売却交渉中、もしくは決定ほやほやの物件が出た、本当に運が良いときだけでしょう。

私も、実際に掲載済みの物件を何軒か見て回りましたが、
事前に分かっている「物件情報」(価格、立地、間取りなど)を超えるだけの
新たな魅力って、意外とないんですよね…。

結局、ネット上でも確認出来る「物件情報」そのものに
自分たちの希望の条件に合うかどうか?の情報が詰め込まれているワケで。

この物件の「更新情報」を如何に一早く得ることが出来るか?

これが、中古住宅の購入の決断で、一番重要だと思います。

あなたが「即決」出来る物件=他の人にとっても「即決」したい物件、ということ

私が中古住宅の物件情報を探し始めて半年ほどたった頃、
当時のアパートから近く、立地、間取りなどのいくつかの条件を満たす物件が出ました。

ただし、築年数の割に、ちょっと割高な売出価格。

新着情報としてチェックしつつも、価格が気になり、
夫と相談した上で、翌日、内見の予約をしました。

そして、内見の日。

やはり、立地、間取り、物件の状態などは申し分なかったのですが、
唯一、日当たりが悪いことと、価格がやっぱり割高な印象。
(大手メーカー建築&管理記録ありで、想定よりも2割程高く感じました)

ただし、価格に関しては、売主さんと交渉することは可能なので、
一旦帰宅後、夫とよ~く相談して、
「前向きに検討したい(交渉したい)」との電話を不動産屋さんに掛けたところ、
なんと!すでに、我が家は、売買契約交渉権の3番目!

もちろん、前の方たちが、売買契約を考え直したり、
住宅ローンの審査に通らなかったりすれば、
我が家に交渉権が回ってくる可能性はゼロではありません。

ですが、全てに納得していなかったこともあり、あっさりと諦めました。

これは、私たちには縁のなかった物件だったんだ、と思って。

それよりも、私たちが驚いたことは、
自分たちが早く行動していたつもりだったのに、
それよりも早く情報を得て、しかも、即決した人たちがいた、という現実!

私たちが魅力を感じる「物件」は、
他の人にとっても、魅力のある「物件」であること。

まさに、購入を「即決」出来る物件というのは、
他の人たちにとっても、「即決」したい物件なのだと実感したのでした。

「物件情報」確認の5分後に、内見予約!交渉権も獲得です

上記の経験後、私は、以前にも増して、頻繁に更新情報のチェックをするようになりました。

そして、忘れもしない、ついに出会った今の我が家の「物件情報」!

一目見て、立地、間取り、価格、どれも希望通り!
築年数、設備など、その他の情報と実際の詳細な立地も食い入るように確認すること、約5分!

速攻、不動産屋さんに内見予約の電話を入れました!

…ハイ、仕事中の夫に相談するよりも先に内見予約しました(笑)

でもね、この判断が正しかったのです。

だって、2,3時間後、不動産屋さんから電話が掛かってきましたから。
「次の方が、今すぐにでも内見したいと言われるんですが、どうしましょう?」って(苦笑)
(夫には帰宅後に伝えるつもりだったので、まだ電話もしていませんでした)

もちろん、内見予約は私たちが一番だったので、
内見ももちろん一番でしたし、売買契約の交渉権も必然的に一番になりました。

ある意味、内見の時には、「即決」のプレッシャーもありましたが、
逆に、この物件は、他に人たちも魅力ある物件なんだ!という安心感もありました。

最終的には、私たちが内見&「即決」したわずかな間に、
7件の問い合わせや内見予約があったらしく、
我が家にとっては、非常に満足出来る買い物になりましたが(笑)

もし、あなたが住宅の購入の決断で迷っているのであれば、
それは、納得出来る条件の物件ではないことの証

本当に満足出来る物件は、自然と「即決」出来る物件だと、私は思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。