市民農園を借りて家庭菜園での野菜づくり!コストは食費&交際費に還元です

私が家庭菜園を始めたのは、今の中古な家を購入した3年前。

「家庭菜園スペースがあること」が家さがしの条件の一つでしたが、
幸いにも、この家の庭先には、3坪ほどの菜園スペースがあります。

ですが、たかが3坪…。

子どもと一緒に夏野菜だけを楽しむ分には、十分な広さですが、
野菜づくりの楽しさを知り、もっと色々な野菜を育てるには、
もっともっとスペースが必要!

そこで、昨年からは市民農園を借り、気合いを入れて家庭菜園を楽しんでいます!(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の趣味代は、市民農園の利用料年2,000円。

私が利用している市民農園は、約10坪区画

自治体との年契約で、年2,000円の利用料です。

私は、地方都市の郊外在住ですが、
これだけの広さで、この利用料は格安だと思います。

私の趣味となりつつある家庭菜園の費用が、2,000円。
…実に、安いです(笑)
(もちろん、種苗、肥料、用具代などは別途必要です)

それに、これだけの広さがあれば、一家族分の野菜を栽培するには、
十分過ぎる程の野菜たちが収穫出来て、ホント楽しいです!
ちなみに、昨年の栽培品種は、41品種

夏の最盛期には、野菜をメインにした料理が所狭しと食卓に上ります!

家庭菜園の野菜は、スーパーより安くなるんでしょうか!?

よく、コスト重視で家庭菜園の野菜づくりと
スーパーで購入する野菜を比較することがありますが、
正直なトコロ、安さだけに注目すれば、スーパーの野菜には勝てないと思います。

だって、規模が違いますから。

家庭菜園では、肥料、用具なども揃えるのに初期費用は高くなりますし、
少量の栽培は、種苗代も割高になりがちです。

病害虫に侵されて、収穫に至らずに枯れてしまうこともしばしば。

それに何より、日々、「手間」が掛かりますからね。

でも、家庭菜園を楽しまれてる方が重視することって、
コストではなく、無農薬などにこだわった新鮮で安全な野菜であったり、
野菜づくりそのものや収穫の楽しみですよね。

家庭菜園のコストは、食費や交際費に還元されるのです!

私が家庭菜園を始めてみて、面白く感じるのは、
「家庭菜園での野菜づくり」「食費」に還元されるのは当然ですが、
他に「交際費」にも還元されること。

例えば、お友達やご近所さんへの日々のお礼として。

旬の新鮮な野菜は、特にママさん方には大好評!

使い勝手がいいように、色々な野菜を少しずつ、という気配りも
もちろん欠かしません!

それに、家庭菜園の費用は、
我が家の家計簿上「園芸費」として計上していますが、
この一部は、私の「趣味代」でもあり、
家族の「レジャー費」にも振り分けることだって可能です。

だって、週末に家族で畑仕事したりしますから(笑)

実に健全でお手軽な我が家の「レジャー」の一つです!

そして、今年も本格的な夏野菜の栽培シーズン到来です!

苗を植え付けたり、種まきしたり。
毎日、1時間程度ですが、やることはいっぱいです!

園芸費もしっかり記録して、
我が家の食卓への貢献度を確認していきたいと思います!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。