3人分の大学進学費用を試算!10年後の目標貯蓄額は高く5,000万です!

2015年4月現在、我が家の一番上の子どもは、小三。
大学進学まで、ちょうど10年(2025年)です。

2028年(13年後)には、二人目が大学進学…。

2031年(16年後)には、末っ子が大学進学……。

実に、子どもの大学在学期間が10年も続きます!
うち、二人が重なる期間も2年。

もちろん、三人とも大学に進学出来るかどうかは分かりませんが、
今や、大学全入時代と言われますし、
四年制大学どころか、大学院進学だってあり得ます。

将来、子供たちがどんな選択をしようとも、金銭的な面で、
子どもたちの進路を妨げるようなことだけはしたくありません!

まずは、10年後から始まる進学ラッシュに備えるべき
教育費の目標貯蓄額を設定しようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学費用は一人あたり1,000万円!?本当にそれで足りますか…?

一般に、子供一人の大学費用として約1,000万円が必要と言われますよね。

1,000万…。
確かに充分すぎる程、高額です。
でも、本当に1,000万で足りるんでしょうか?

私も、実際に試算してみようと思います。

大学費用の試算には、こちらのサイトを参考にさせてもらいました。
⇒ ≪参考記事≫ Benesse マナビジョン 入学から卒業までにかかるお金

< 大学4年間における学費概算 >

区分授業料入学料施設利用料合計
国立大535,800×4282,0002,425,200
私立大文系742,478×4246,749160,019×44,352,466
私立大理系1,043,212×4265,595187,236×45,965,004

…う~ん、国立と私立理系だと、2倍以上違いますね(汗)

条件的には、私立医科歯科系ってのもありますが、
桁が違う!ので、さすがに想定から外します…。
そっち系を狙うなら、国公立で受かること前提で頑張れってことで(苦笑)

それと、我が家は地方在住なので、
特に考慮しないといけないのが、自宅外通学のための生活費

自宅から通える国立なんて、一校だけですから…(汗)

住む街によって、家賃も結構違いますが、
自宅外通外の場合、仕送り額は1ヶ月10万円
自宅通学の場合、お小遣いは1ヶ月3万円と仮定します。

< 大学4年間における生活費概算 >

 生活費敷金礼金等合計
自宅外通学100,000×48ヶ月200,0005,000,000
自宅通学30,000×48ヶ月1,440,000

組み合わせは色々ありますが、
想定としては、やはり最大を見越すべきですよね。

なので、≪私立理系×自宅外通学≫の組み合わせとすると、
子供一人あたり、約1,100万円の大学費用が必要です。

そして、もし、大学院まで進学することになれば、
更に、入学金⁺授業料×2年⁺生活費×2年≒590万円、
計、一人あたり、約1,690万円掛かることになります…!

目標貯蓄額は高く5,000万!…最低でも3,000万を貯蓄します!

目標貯金額は最大値を目指すことにします!

つまり、約1,690万×3人=約5,070万。
10年後の目標貯蓄額は5,000万円です!

…。
……。
………とはいえ、現実的に、最低目標ラインも設定します。

条件としては、一番可能性が高いと思われる
≪私立理系×自宅外通学≫の4年通学が3人分ですね。

ざっくり3,000万円とします。

…スタートから弱気だと、貯められるものも貯められなくなるでしょうか?(汗)

とはいえ、あまり無理し過ぎて、
今の生活が楽しくなくなるのも、意味がないですし。

目標最低ラインを余裕で到達出来るような
家計管理と資産運用を頑張っていこうと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    年間500万貯める計算ですが、一体年収はおいくらですか?

  2. たかみん より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    年収の公開はしていないのです。すみません。
    この記事は2年前になりますが、今は私も働き始めたため、世帯年収はアップしています。
    年間貯蓄額も同じようにアップしています。

    そして、この時点での我が家の貯蓄はゼロスタートではありません。
    このブログを始めて、まだ丸2年ですが、
    今までの貯蓄とここ数年の貯蓄額に合わせて、
    学資保険、児童手当などの積み上げも含めると、
    3,000万円の教育費の準備は問題なくクリア出来そうです。

    5,000万円は、やはり「目標」ですが。

    年収が高ければ、必ずしも貯蓄も比例して多いとは思いませんし、
    やはり日々の家計管理の努力が大事ではないでしょうか?

    どのように高額な教育費を貯めるつもりなのか?は、
    日々のブログに書き綴っていますので、他の記事も読んでいただければと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。