夫が14本の大量ワインをまとめ買い…これは食費か?小遣いか?

先週末からの毎月恒例の楽天マラソン。

夫が何かブツブツ言いながら、ポチポチしてるのは知ってましたが、
早速、届きましたよ…。
なんと、ワインが2箱、14本です…(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

種類豊富なお酒たち…、食費はもちろん夫の健康も心配です…

結婚当時、夫が好んで飲んでいたのは、ビールオンリー。
頻度は、週の半分くらいでしょうか。

ところが、それまで年に数回の記念日くらいしか飲まなかったワインを
普段でも飲むようになり、
ワイン以外にも、ウィスキーやらジンやら…、
気付けば、我が家の品揃えも豊富になってました(汗)

とはいえ、どれも単価の高いものではないんです。

発泡酒だったり、第三ビールだったり、
ワインだって、千円前後のものですが、
何より困るのが、それを一回で飲み切ることもしばしば。

ビールのあとに、ワインやウィスキーを飲むことも多く、
ちょっと飲酒量が多いんじゃないか?心配になります。

休肝日だって、月に1~2回。

私が何度注意しても、
まだ健康診断で何も異常がないことをいいことに、聞く耳持たず…。

てか、異常出ちゃったら、手遅れでしょ?

まだまだ、子どもたちだって小さいのに、
自分の健康を過信してて、物凄く腹立たしい!(怒)

こうなったら、少しくらい健康診断で引っ掛かってしまえばいいのに!と
思いつつ、実際、引っ掛かったら、私の方が動揺してしまうのかも…。

ちなみに、私もお酒は飲めますが、月3~4回、週末オンリーです。

食費を圧迫する酒代!もはや、ダンナの小遣い扱いが妥当でしょうか?

普段、ビールだけの飲酒であれば、毎月の酒代は5,000円も超えません。

が、今回のような、お取り寄せワインでは、
送料を減らすべく『まとめ買い』しがちで、2,3ヶ月おきにあります…。

そして、一気に酒代もアップ!

今月の酒代だけで、すでに15,000円ですよ…。
まだ、半月なのに(泣)

ここまで、夫一人だけの酒代が掛かってくると、
もう『お小遣い代』として仕分けしちゃおうかと思いますが、
その場合、飲酒を歯止めしてくれるものがなくなったらイヤですよね…。

どちらにしても、家計管理の問題だけでは無くなりかねない夫の飲酒。
私も、何か改善方法を模索してみようと思います!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。