中古住宅に資産価値をプラス!「家がお金を生み出す」仕組みを利用しています

我が家は、今年で築20年になる中古住宅です。

購入は2年前。
子どもが小学校に入学する直前に、現金一括購入しました。

住居費ゼロ円!マイホームは中古住宅を現金一括払いで購入しました
現在、家計簿の管理方法を見直し中ですが、 うちの家計簿で、一つ項目が足りないのに、気付かれた方はいらっしゃるでしょうか…? …ハイ!そうなんです! 家計の支出でも、一番大きな...

私としては、中古とはいえ、
住宅ローンなどの負債を負うことなく購入出来たことに、大満足!

ですが、一方の夫は、
…実のところ、新築への憧れも捨てきれてなかったのです(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古住宅に「マイホームとしての愛着」をプラス!夫たっての希望を叶えました

…まあ、当然と言えば、当然なんですよね。

中古住宅は、所詮、他人からの「お下がり」

立地、間取り、設備etc.
所謂、日本人特有の「マイホームへの憧れとこだわり」を満たしてくれる部分なんて、
ほとんどありません。

それに、そもそも、全体的に薄汚れたお下がりなんかより、
ピカピカの新築がいいに決まってますから!

ちょうど家探しを始めたばかりの頃、
何事も情報収集と思い、住宅展示場を訪れたところ、
あっという間に、夫は新築の魅力に魅了(苦笑)

私は、中古一本で気持ちに変化はありませんでしたが、
一度、新築に傾いた夫の気持ちを中古に戻すのは、なかなか大変でした…(汗)

なので、実は、夫からすると、
今の家の購入は、あくまでも「ベター」な選択

「ベスト」な選択では、決してありませんでした。

そのため、最終的に、夫に購入を決断してもらうため、私が頑張ったことは、
夫のたっての希望でもあった「太陽光発電の設置」でした。

中古住宅に「資産価値」をプラス!設置条件がベストではないことも重々承知です

今や、新築住宅では、珍しくなくなった「太陽光発電」

4~5年ほど前から、余剰電力の買取制度が始まってから、一気に普及しましたよね。

我が家も家探しをしていた時から、
条件が良ければ、中古住宅でも「太陽光発電」を設置したいと考えていました。

福島の原発事故以降、日本の電力事情は、未だに進展なし。

個人的には、今後の電気代は上がる一方だと考えています。
(電力自由化が導入されれば、状況も変わりそうですが…)

電気は、「快適さ」の象徴ですから。
「快適さ」を追求するために、負担が増えるのは、当然のことです。

そんな電力事情に対抗することも、負担軽減にもなる「自家発電」

そのうえ、余剰電力は高価で買い取ってくれるのですから。
こんなオトクな制度を利用しない手はありません。

ただ、残念なことに、我が家の屋根は東西方向…(汗)
南側に設置した場合に比べて、2割程、発電量が劣ります。

それでも、「初期費用の回収年数は、10年以内」と試算し、
設置を決断しました。

それに、太陽光発電は、単なる中古住宅である我が家に、
毎月の収入をもたらす「資産価値」をプラスしてくれるのですから。

まさに、「投資」ですよね。

我が家の試算と目論見が正しかったのかどうか分かるのは、8年後。
それでも、末長く恩恵にはあずかりたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。