家族カードではなく私名義の楽天カードをゲット!今、私に必要なのです!

普段、我が家のメインのクレジットカードは、夫名義の「楽天カード」

週末、家族で出掛ける際には、夫に支払いをお願いすることが多く、
平日、私が買い物する時には、自分名義のイオンカードを使っています。

つまり、楽天カードの「家族カード」は未保有。

家族カードを使って、ポイントを集約するのも魅力的なのですが、
イオンカードにはイオンカードなりの魅力もあるので、併用中です。

ですが、先日、必要に迫られて、新たに私名義の楽天カードをゲット!

家族カードでも良かったのですが、
やはり、オトク過ぎる入会ポイントについつい釣られてしまいました(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

期間限定8,000ポイントと紹介ポイント1,500ポイント!ポイントサイトのポイントまで合わせると、驚きのオトクさです!

楽天カードの入会キャンペーンは、
常に5,000ポイントものプレゼントを受けられるのが何よりの魅力ですよね!

しかし、入会ポイントが8,000ポイントのキャンペーンがあることも!

今回は、運よく8,000ポイントのキャンペーンにタイミングを合わせられたので、
すかさず入会しちゃいました。




ちなみに、私の入会前には、
入会キャンペーンへのエントリー(8,000ポイントの内の1,000ポイント分)はもちろん、
紹介キャンペーンにエントリーして、紹介者である夫は1,500ポイントゲット!
(家族間でも紹介は可能のようです)

更に更に、しっかり!ポイントサイト経由の入会のため、
ポイントサイトのポイントも、11,000円相当、ゲット予定です(喜)

楽天カードの付帯サービス!海外旅行損害保険!年会費無料とは思えない充実度です

私が、今更ながら、楽天カードを作った理由。

それは、今月末のグアム家族旅行にて、
楽天カードの付帯サービスの一つ『海外旅行損害保険』を利用するため。

久々の海外旅行。
三人もの子連れで、リゾート地で水遊び。

我が家が、アメリカ圏に行くのは、これが初めてです。

自由診療で法外な請求もあるとのことで、
万が一のことを考えれば、海外旅行保険は節約する対象ではありません。

とはいえ、過剰な補償までは必要なく、基本的な一通りの補償が揃っていれば十分。

旅行会社でツアー予約をすると、保険も一緒に勧められることも多いですが、
実は、手持ちのクレジットカードの付帯サービスで済ますことも可能!

楽天カードは、年会費が無料とはいえ、『海外旅行損害保険』付き!
…残念ながら、私名義のイオンカードにはありません(苦笑)

気になる補償内容は、

・(傷害)死亡後遺障害  最高2,000万円

・ 傷害治療費用  最高200万円

・ 疾病治療費用  最高200万円

・ 賠償責任  最高2,000万円

・ 携行品損害  最高20万円(免責金額3,000円)

・ 救援者費用  最高200万円

どうでしょう?

もちろん、補償額が満足でないと感じられる方は、
別途、保険会社で契約する方がいいでしょうが、私個人としては、必要十分な内容です。

ただ、このサービスを受けるには、
「日本を出国する以前に、公共交通乗用具(*1)または募集型企画旅行(*2)の料金を
 楽天カードで支払った場合のみ」適用されるので、要注意!
(※詳しくは、楽天カード付帯保険サービス「海外旅行損害保険」でご確認ください)

つまり、出国前に、(*1)飛行機、電車、船舶、バス、タクシーなどや、(*2)ツアー代金を
楽天カード払いする必要があるということ!

我が家の場合、夫名義のカードで、航空チケットを購入済みなので、夫はすでに資格ゲット。
私の方は、空港までの電車代をカード払いしようと考えています。
(家族カードの場合、私が家族カードを保有するだけで充分なのですが(苦笑)

同行する私も、家族カード会員でなく、楽天カード会員の場合でも、なんと!対象になります!

ただ、残念ながら、この保険サービスを受けられるのは、
18歳以上の楽天&家族カード会員のみ。

子どもたちは、別途、保険が必要です。

それでも、大人二人分の保険代を節約出来ましたし、
私の楽天カード入会ポイントも、充分過ぎる程、貰える予定なので、
子どもたちの保険内容も、しっかりと吟味して、加入しようと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。