節約に対する夫の姿勢と私の成長!?無料やオトクが一番とは考えていませんから!

週末、宿泊代が50%オフ!にもなる「ふるさと旅行券」を使って、家族旅行へ。

今回の目的は、「オトクに宿泊」することだったこともあり、
道中は、子どもたちが喜ぶレジャースポットにも。

家族旅行先のマイブーム!子どもが楽しく家計に優しいレジャースポットです
今年、思いがけず、3件も当選した国の地方創生事業の一つ、「ふるさと旅行券」 週末は、この「ふるさと旅行券」を使って、オトクに家族旅行に出掛けました。 ですが、子ども三人ともなる...

そして、もう一つ、以前テレビで見て行ってみたかったトコロにも。

「無料」や「オトク」に弱い私ですが、
…家族を巻き込むには、何事も程々が大切!ですよね(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子連れレジャーの定番☆無料スポット「工場見学」はやっぱりオススメです

子連れレジャーの人気の無料スポットと言えば、
「公園遊び」はもちろんですが、モノづくりを学べる「工場見学」も外せません!

今回、我が家が寄り道したのは、
群馬県甘楽町にある「ヨコオデイリーフーズ」のこんにゃく工場「こんにゃくパーク」

世界遺産となった富岡製糸工場から車で約15分。

こんにゃく製造の工場見学は、もちろんのこと、
なんと!こんにゃく料理が無料で食べ放題!

こんにゃく作り体験(有料)も出来て、こんにゃくの詰め放題などもあって…と、至れり尽くせり!

以前でテレビで紹介されたのを見て、一度行ってみたい!と強く思っていました(笑)

ですが、晴天の今週末。
現地に着いたのは、ちょうどお昼時。

駐車場には、バスも車も人もいっぱい!
工場見学の受付は、すんなりと出来たものの、話題の「こんにゃくバイキング」は長蛇の列!

待ち時間は、約70分…(大汗)

もちろん、私の目的の半分以上は、無料の「こんにゃくバイキング」

ですが、せっかくの家族旅行なのだから、家族が楽しんでくれることが一番重要!

オトクさだけを追い求めて、子どもたちにまで強制するのは、私の本意ではありません。

なので、「こんにゃくバイキング」はすっぱりと諦めて、
工場見学とお土産コーナーだけを見て回ることに。

工場見学では、特に、しらたきの製造ラインが子どもたちにも分かりやすく。

お土産コーナーでは、気になる変わりこんにゃく製品をいくつか購入。

少々名残惜しく思いながらも、次の目的地に向かったのですが、
車中、夫から思いがけない一言が。

「さっきは、母さんの成長を見たね~!
 あっさり諦められるなんて、オレの教育の賜物だわ!」

って、失礼なッ!(怒)
私だって、家族のためを思って、行動するし!

それに、無料のためだけに、お昼時に70分も子どもたち三人を待たせるなんて、
…想像するにも恐ろしい光景じゃないのっ!(苦笑)

とりあえず、工場見学やお土産コーナーは充分楽しめましたし、
大丈夫!私、こっそり、リベンジ狙ってますから!(笑)


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。