二十数年後の老後の野望は、南国で海外ロングステイ!…私一人の妄想です(笑)

『人生の三大支出』と言われる「住宅資金」「教育資金」「老後資金」

我が家の場合、一つ目の「住宅資金」は、2年前に現金一括購入済みです。

住居費ゼロ円!マイホームは中古住宅を現金一括払いで購入しました
現在、家計簿の管理方法を見直し中ですが、 うちの家計簿で、一つ項目が足りないのに、気付かれた方はいらっしゃるでしょうか…? …ハイ!そうなんです! 家計の支出でも、一番大きな...

現在、二つ目の「教育資金」を貯蓄中ですが、
なにせ、子ども三人分ですからね…、貯蓄目標は高く5,000万円に設定しています。

3人分の大学進学費用を試算!10年後の目標貯蓄額は高く5,000万です!
2015年4月現在、我が家の一番上の子どもは、小三。 大学進学まで、ちょうど10年(2025年)です。 2028年(13年後)には、二人目が大学進学…。 2031年(16年後)には、末っ...

そして、最後に控える「老後資金」

まだ具体的に、どれくらいを貯蓄すべきか見通しを立ててはいませんが、
夫婦二人の老後の生活については、私、密かに野望を抱いています(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

想定「老後生活」は20年後!教育資金と並行してどれだけ貯蓄出来るでしょうか?

末っ子が大学に進学したと想定して、大学卒業は20年後。

私たち夫婦は、57歳になります。

夫の定年退職前には、子どもたち三人とも経済的に自立してる、…はず(苦笑)

まさに、子育て完了!
あとは、自分たち夫婦のために、お金を使う時期だと考えています。

…ただ、今や、年金制度も頼りにするには、不確定要素満載ですからね。

自分たちで「老後資金」をしっかりと貯蓄、そして運用する必要を感じます(汗)

現時点では、「教育資金」の貯蓄目標期間は、この間近10年間

更に先の10年間は、教育費として、貯蓄からガンガン!支出される予定ですが、
並行して、「老後資金」をどれだけ貯めることが出来るのか?
現状では、まだ予想が付かない部分が多いですが、一番のキーポイントでしょう。

もちろん、老後の暮らし方次第で、必要な生活費は全然違いますしね。

個人的には、今の家で、野菜づくりを楽しみながら暮らし続けるには、
比較的、コンパクトな暮らしが出来るんじゃないかな?と思っています。

ただ、それまで頑張ってきた上の『老後』生活ですからね。

実は、私の老後の密かな夢は、「海外ロングステイ」なのです!

海外ロングステイで、冬とさらば!やっぱり南国希望です!

数年前から、退職後の生活スタイルとして、人気が高まっている「海外ロングステイ」

私が「海外ロングステイ」を夢見る一番の理由は、

「冬の寒さから脱出したい!」

…これだけです(笑)

というのも、我が家は「寒冷地」相当地域。
元々、夫も私も「一般平地」出身なので、今の地域の冬の寒さが厳しくて(汗)

冬期は、家庭菜園も完全に農閑期状態ですし、
暖房費が家計を圧迫しますし、寒くて寒くて、やる気も失せますし(苦笑)

逆に、夏期はすごく過ごしやすくて、いいんですけどね。

冬期の2~3ヶ月程度で充分なのですが、
南国へ「海外ロングステイ」したいですね~。

ちなみに、この野望を抱いているのは、私だけ(笑)

夫は、「海外ロングステイ」への興味は薄めです…。

もちろん、文化や食生活の違いもありますし、
費用的ことを考えると、どこの国を想定しても、
日本で生活するより安く済ませるなんて、ほぼ不可能でしょうからね。

ただ、そんな老後の暮らし方があってもいいかな?!と考えるのは、
今の私の楽しみの一つでもありますし。

一度でいいので実現出来るように、今後も、あれこれ妄想を膨らませてみたいと思います(笑)


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。