1,000万円は何年で貯められるのか?逆算から、2017年度の目標貯蓄額を設定します!

我が家の家計簿は、年度末締め。

今年2017年度も始まったことですし、
「目標貯蓄額」は、我が家が目指す『8年後の教育費』を意識して、設定しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1,000万円は何年で貯められるのか?そして、たかみん家の2017年度の目標貯蓄額は!

我が家は、今年、小五、小二、年中児の3人子持ち。
来たるべき8年後の進学ラッシュに向けて、教育費の貯蓄に励んでいます。

3人分の大学進学費用を試算!10年後の目標貯蓄額は高く5,000万です!

目標としている教育費は、最低でも3,000万円、最高では5,000万円ですが!
そのうち、1,000万円は、児童手当と学資保険で貯まる予定です。

子ども三人の児童手当と学資保険!これだけで1,000万貯めます!

そして、昨夏、我が家の総貯蓄額は大台を超えました。

総貯蓄額が大きな区切りを超えました。この安心感が更に頑張る活力に繋がります!

最低目標額のための残り1,000万円

1,000万円は何年で貯められるのか?
じっくりしっかり考えてみると…。

年間貯蓄額が100万円であれば、もちろん、10年。
年間貯蓄額が125万円であれば、8年。
年間貯蓄額が167万円であれば、6年。
年間貯蓄額が200万円であれば、5年。
年間貯蓄額が250万円であれば、4年。
年間貯蓄額が334万円であれば、3年。
年間貯蓄額が500万円であれば、たった、2年。

こんな単純計算なんて、当たり前のことだけど、
この年間貯蓄額をしっかり意識しているかどうか?で、
1,000万円を貯めるのに掛かる時間を短縮することが出来るはず。

実際に、昨年から私がパートとして働き始めたのも、
やはり世帯年収を上げて、年間貯蓄額を一気に押し上げるため。

おかげで、2016年度の年間貯蓄額は、目標達成!

2016年度の年間貯蓄額まとめ!世帯収入アップした分、貯蓄額アップです!

そして、進学ラッシュまでの残り8年間ありますが、
今年2017年度の目標貯蓄額は、340万円!

…ハイ、3年で1,000万円を貯めるペースを維持したいと考えています!

今年も特に大きな支出の予定はないので、大丈夫だと思いますが、
目指すべき目標をしっかりと意識して、家計管理して、
目標クリアに向けて頑張りたいと思います!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。