『貯まる』給与振込口座にするために。インターネットバンキングは必須です

今月4月から、10年ぶりにパートタイムとして働き始めた私。

先日、給与振込用の銀行口座を新規で開設してきました。

自分自身の労働の対価として、10年ぶりに受け取る『私の給与』!

「今の私」のためではなく「将来の家族」のために、
しっかりと『貯まる』口座にしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

給与口座を貯蓄口座に。インターネットバンキングで管理します

今回、私が新たに開設した銀行口座は、地元の地方銀行。

…本当なら、銀行口座は増やしたくなかったんですけどね。
会社の給与振込先として、指定されていたので、やむをなし。

最寄りの支店に出向き、開設手続きと共に、
しっかりと「インターネットバンキング」の申し込みも。

…残念ながら、その地方銀行の「インターネットバンキング」では、
他行への振込手数料が無料になるようなサービスはないのですが(苦笑)

わざわざ銀行やATMに行かずとも、
自宅で残高確認が出来るのは、やはり、家計管理の上で大事なこと。

クラウド型の家計簿アプリ「マネーフォワード」にも登録出来ますからね。

そして、「インターネットバンキング」の申し込みの際、
私は『無通帳口座』をチョイス。

『無通帳口座』は、その名の通り、通帳を作らず、
インターネットバンキングのみで口座管理をする口座。

基本、私は、『通帳』に入出金額の名目や使い道などを書き込んで
しっかりと記録を残しておきたいタイプ、…なのですが。

今回、敢えて通帳を作らなかったのは、支出の記録が不要だと思ったから。

…はい、この『給与口座』をそのまま『貯蓄口座』にする予定!

10年ぶりの私自身のお給料。

初めての給与を頂けた日には、あれも買いたい!これも買いたい!
と、妄想だけは膨らむのですが(笑)

自分の中で、給料の一部だけを自分用のお小遣いに決めたとしても、
もう少しくらい使ってもいいよね?と、どこかに甘えが出てしまうはず。

なので、私のお小遣いは、今まで通り、
あくまでも夫のお給料から振り分けるスタイルをキープ。

これ、夫のお小遣いとの公平感を保つためにも、結構、大事。

そして、私の『給与口座』は、丸ごと新規の『貯蓄口座』の一つとして。

我が家の新しい『貯まる』仕組みの出来上がり!

今年から、更に貯蓄を加速させていきたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。