2015年度の食費まとめと2016年度の予算決め!子どもの成長も考慮せねばいけません

我が家の家計簿は、年度末締め。

そして、家計管理を本格的に取り組むようになって、
ちょうど一年になります。

家計簿は、支出の内容を振り返って、今後に生かしてこそ意味があるもの。

まずは、「食費」に関して。
昨年度一年間の食費から、今年度の食費の大まかな予算を決めてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年度の「食費」まとめと今年度の予算決め!子どもの成長分、増加します

2015年度のたかみん家の「食費」は、こちら。
(子どもは、小3、年長、2歳児の三人)

 買い出し代酒代外食代合 計
2015年4月40,00315,4156,79262,210
5月43,0787,30610,91761,301
6月39,0338,46810,85458,355
7月28,0481,08813,60242,738
8月32,5646,64512,40951,618
9月38,1289,1765,90253,206
10月38,6564,38518,72961,770
11月29,3802,06113,68345,124
12月39,19019,2199,91868,327
2016年1月32,6352,7518,45043,836
2月34,8432,9206,72644,489
3月43,06824,2866,77874,132
年間合計438,626103,720124,760667,106
月平均36,5528,64310,39755,592

我が家が食費の「目安」としていた、今までの平均額は、52,000円

それに対して、昨年度の平均額は、55,592円でした。

食費に関しては、子どもたちの成長に合わせた、栄養バランスを大事にしたいので、
あまり節約ばかりを意識しないようにしています。

…ですが、こうして一年間を振り返ってみると、
特に、酒代と外食代の毎月の支出の差が非常に大きく、
少し管理方法を見直す必要がありそうです。

まず、買い出し代に関しては、30,000~43,000円の範囲内で、
年平均額は、36,552円

我が家では、家庭菜園の恩恵があるため、野菜の少ない春頃は、食費も高めに。

家庭菜園vs野菜高騰!実際にどれだけ食費に還元されるか検証しました
9月に入り、今年は残暑なんてどこへやら? すっかり秋めいてきました。 この時期、私が一気に忙しくなるのが、家庭菜園の畑仕事! 夏野菜を順次、撤収し、 すぐに、秋冬野菜の種まき&...

また、「ふるさと納税」で頂く返礼品も、食費を助けてくれています!

2015年「ふるさと納税」でいくら寄附をしたのか?還付申告用にまとめました
昨年、初めて行った『還付申告』 先日、2015年一年間の我が家の医療費をまとめましたが、 「医療費控除」は要件を満たさず。 よって、今回の『還付申告』は、ふるさと納税の「寄付...

あとは、家族の誕生日やクリスマス、年末年始などのイベント月も比較的高め。

こうした変動は想定内のことですし、子どもたちも一つ歳を取ることもあり、
今年の大まかな予算として、毎月38,000円を目安にしようと思います。

次に、夫の酒代。
年平均額は、8,643円

普段の買い物では、ビールや発泡酒を購入。
そして、およそ3か月おきに、ワインやウィスキーなどをまとめ買いしています。

夫が14本の大量ワインをまとめ買い…これは食費か?小遣いか?
先週末からの毎月恒例の楽天マラソン。 夫が何かブツブツ言いながら、ポチポチしてるのは知ってましたが、 早速、届きましたよ…。 なんと、ワインが2箱、14本です…(汗) 種類豊富なお...

これに関しては、あまり私が口を出すことではないので…(汗)

夫の買い物に口を出すべからず!?この一言には返す言葉もありません…
我が家の夫のお小遣いは、『申告制』 夫の『申告』に応じて、都度、1万円を渡しています。 上限も下限もないのですが、平均すると、毎月2万円程度。 普段は、趣味関連や買い食い...

仕事に頑張ってくれている夫のために、
今年の大まかな予算として、毎月10,000円を目安にしようと思います(大汗)

そして、外食代
年平均額は、10,397円

ただし、上記の額には、株主優待などの利用分を含んでいないため、
実質の年平均額は、6,000~8,000円程。

近頃、子どもたちの成長に連れて、週末に子どもの予定が入ることも多くなり、
外食の頻度も少なくなりつつあるのですが…。

これがいいことなのか?寂しいことなのか?は分かりませんが、
今年の大まかな予算としては、毎月8,000円を目安にしようと思います。

以上、毎月の食費の大まかな予算としては、合計56,000円

これは、毎月の収入設定額350,000円の16%に相当。
…子どもの成長を考慮すれば、妥当な予算でしょうか?

食べることは、子どもたちの成長そのものに繋がること。

子どもたちの成長のため、家族の健康のため、
今年度も栄養バランスを大事にした食生活を心掛けたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。