毎日の献立決めとレパートリーの増やし方!必要に迫られて自然と決まります…

毎日の献立決めって、当たり前なんですが、毎日続くことなので、
悩みが尽きないですよね…。

特に、家族の好き嫌いや栄養バランスなど、きちんと考えて作ろうと思うと、
品数も必要になり、ホント大変です!

とはいえ、我が家では、あるシーズンになると、
深く考えずとも、献立が必然的に決まってくるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

献立決めもレパートリーの増え方も家庭菜園の影響大です!

我が家の献立決めの秘訣。
それは、「家庭菜園」の旬の野菜たち!

我が家は、約10坪の市民農園を借りて、家庭菜園を楽しんでいます。

市民農園を借りて家庭菜園での野菜づくり!コストは食費&交際費に還元です
私が家庭菜園を始めたのは、今の中古な家を購入した3年前。 「家庭菜園スペースがあること」が家さがしの条件の一つでしたが、 幸いにも、この家の庭先には、3坪ほどの菜園スペースがあります。 ...

家庭菜園での野菜づくりは、種苗、用具などのコストも相当の手間も掛かりますが、
食費への貢献度は、絶大です!

家庭菜園vs野菜高騰!実際にどれだけ食費に還元されるか検証しました
9月に入り、今年は残暑なんてどこへやら? すっかり秋めいてきました。 この時期、私が一気に忙しくなるのが、家庭菜園の畑仕事! 夏野菜を順次、撤収し、 すぐに、秋冬野菜の種まき&...

今は、まさに、秋冬野菜の収穫シーズン!
大根、白菜、ホウレン草、水菜、小松菜、ネギ、ミックスレタス、キャベツetc.

約10坪という限られた菜園スペースですが、家族5人が食べるには充分過ぎるほど!

まさに、毎日食べ放題どころか、毎日同じ野菜を食べる必要に迫られるため、
献立決めも自然と収穫野菜を中心としたモノに。

大根なら、おでん、ふろふき大根、大根サラダ、煮物、おろし煮etc.

白菜なら、鍋、中華炒め、浅漬け、スープetc.

和洋中、味付けも変えて、
豚肉、鶏肉などの食材の組み合わせも変えて、
ほぼ毎日、同じ野菜を食べ続けられるように、レパートリーも随分と増えました(苦笑)

普通、献立決めの方法というと、
主菜となるメイン(魚、肉)から決めることが多いと思いますが、
主菜に野菜をメインとしたメニューを持ってくると、
品数が少なくても、栄養バランスがきちんと取れるのが、一番のメリット。

旬の野菜を心置きなく沢山食べられるのは、本当に贅沢なことだと思います。

そして、この野菜中心の生活は、家族の健康の元にもなっているはず。

だって、この半年以上、眼科と歯科以外の病気による通院はありませんから。

来るべき老後も、家庭菜園が続けられる限り、食費は気にする程の支出ではなくなりそう。

旬の野菜は、シンプルに食べるのが、一番美味しいし、飽きませんから。

健康な体づくりは、食生活から。
家族のため、自分自身のため、旬の野菜を沢山使って、毎日の食事作りも頑張りたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。