個人型確定拠出年金「iDeCo」に会社から拠出補助金が!私の老後資金始めます

今年2017年1月から、専業主婦や公務員も新たに対象となった、
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」

以前より、私も気になっていたのですが、
会社の福利厚生を利用して、自分の老後資金として始めようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

個人型確定拠出年金「iDeCo」に会社から拠出補助金が!私の老後資金始めます

我が家では、5,6年ほど前から、
夫の会社で企業型確定拠出年金(401k)を運用しています。

当初は、会社からの毎月一定額の掛け金のみの運用でしたが、
個人からの掛け金を上乗せする「マッチング拠出」が利用出来るようになってからは、
限度額最大まで(23,000円)運用中

ちなみに、今現在の資産評価額は、+約10%!
運用当初は、1年以上?マイナスだったので、随分と上がったものです(苦笑)

もちろん、将来的に、今の運用利率が保証されることはありませんが、
節税対策にもなりますし、長期的に運用するには良い制度だと思っています。

そして、一方の私。

夫の扶養範囲で働くパート主婦である私でも、
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に加入出来るようになり、
資料請求して、考えたこともあったのですが…。

運用資金が60歳まで固定される(解約不可)こと、
かつ、運用期間中、継続的に発生する「口座管理料」に対して、
今のパート所得では、節税対策としての魅力が少ないと判断し、一旦保留に。

ですが、この4月より私の会社でも福利厚生の一つとして、
「iDeCo」に会社から拠出補助金が出ることに!

夫の会社の企業型と異なり、
あくまでも、加入は個人の任意であり、口座管理料も個人負担。

それでも、補助の掛け金が出ることを考えれば、絶対に得!
加入しない手はありません。

当然!限度額上限(23,000円)で加入です!

周りの職場の方は、補助が出るとはいえ、
「今の現金」が減ることに対して、消極的な意見もありましたが、
私は、「今の貯蓄」は、毎月の家計簿のやり繰りで十分。

「iDeCo」は、「将来の私」のための老後資金作りの一つです。

ただでさえ、我が家は三人子持ちなため、教育資金が多く必要。

いざ、自分たちの老後を迎えたとき、
老後資金は教育資金の残りだけ、なんて、絶対にイヤです!

あくまでも、3人分の教育資金と老後資金は、別々に用意して。

来たるべき20数年後の老後のため、今からコツコツと積立&運用していきたいと思います。


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。