子どもが三人いても、安心出来る貯蓄額はいくらなのか?この貯蓄ペースを維持します!

我が家は、三人子持ち。

およそ8年後から始まる教育ラッシュに向けて、
三人分の教育費を確保すべく、家計管理に励んでいます。

このブログを始めて、家計の収支と資産をしっかりと把握するようになり、
三人分の教育資金に対する安心感が、少しずつでてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもが三人いても、安心出来る貯蓄額はいくらなのか?この貯蓄ペースは維持します!

私が、三人の子どもたちのために目標としている教育費は、
最低でも3,000万円、最高では5,000万円!

3人分の大学進学費用を試算!10年後の目標貯蓄額は高く5,000万です!
2015年4月現在、我が家の一番上の子どもは、小三。 大学進学まで、ちょうど10年(2025年)です。 2028年(13年後)には、二人目が大学進学…。 2031年(16年後)には、末っ...

もちろん、子どもたちの進路次第では、
それほど必要ではないかもしれませんが、
子どもたちの進路や夢を全力で応援するためには、
教育費の備えが多いに越したことはないと考えています。
(少なく済むのであれば、その分、老後資金となるだけですし)

そのうち、1,000万円は、児童手当と学資保険で貯まる予定

子ども三人の児童手当と学資保険!これだけで1,000万貯めます!
我が家の子どもたちが進学ラッシュに突入する10年後。 その時までに、私が目指している教育費の貯蓄額は、 5,000万円(最低でも3,000万円)です。 昨年、H26年度の...

普段の家計管理上では、児童手当、学資保険共に、貯蓄に含めていません。

児童手当は、そのまま子ども用口座へ。
学資保険は、家計簿上、支出扱いのままになっています。

そして、昨年、大台に乗った我が家の貯蓄額

総貯蓄額が大きな区切りを超えました。この安心感が更に頑張る活力に繋がります!
先月、我が家の総貯蓄額が、一つの大きな区切りを超えることが出来ました。 …すみません、具体的な総貯蓄額は公表する予定はないんですが(汗) この大きな区切りを想定よりも早く超えられた...

…この流れだと、ボカシているようで、貯蓄額がバレバレなんですが(苦笑)

これらの貯蓄額を合わせると、最低目標としている3,000万円のために、
残り8年間で必要な年間貯蓄額は、100万円強。

昨年2015年度の我が家の年間貯蓄額は、こちら。

2015年度の年間貯蓄額まとめ!この予想外の増額が嬉しいのです!
我が家の年間収支は、年度末締め。 年間収支の区切り期間は、「4月の給与日~翌年4月給与前日」です。 先日、今年度初☆4月の給与日を迎えたことですし、 張り切って、2015年度...

更に、昨年4月からは、私がパート仕事を始めたため、
今年度は、世帯収入も上がります。

…ハイ、この貯蓄ペースを維持出来るのであれば、
三人分の教育費も問題なくクリア出来そうで、一安心!

例え、高額過ぎる目標貯蓄額でも、
一つ一つ、貯まるシステムを作り出し、
ライフプランを元に、定期的に貯蓄ペースを見直し、
常に現状を確認することで、安心感は生まれるもの。

とはいえ、今後も気を緩めることはなく貯蓄ペースは堅実に、
そして、今の生活を愉しむための支出のメリハリもしっかり意識して、
家計管理に励みたいと思います!


*******

家計管理と資産形成の参考になりましたら応援お願いします!
⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  


スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。